おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

安めのカナル型イヤホンでおすすめな ソニー MDR-EX250 評価

個人的におすすめの安価なインナーイヤーヘッドホン「MDR-EX 250」の感想です。

 

様々なインナーイヤーヘッドホンを使いましたが、安いやつではこれが一番自分好みでした。

 

シャリシャリせずにバランス良く鳴ってくれます。

ベースとか低音は聞きづらいのですが、それでも同様の製品の中では抜群に良いです。

 

価格も2000円強でお手頃。

隠れた名器という感じがします。

 

外出先で使うなら十分過ぎる性能かと。入門として非常におすすめです。

 

ソニー SONY イヤホン MDR-EX250 : カナル型 ブラック MDR-EX250 B

ソニー SONY イヤホン MDR-EX250 : カナル型 ブラック MDR-EX250 B

 

 

折りたためるニンテンドー2DSが7月13日発売

「NEWニンテンドー2DS LL」が発売決定です。

価格は1万4980円 +税

 

3D立体視機能がない「2DS」の高性能版で画面サイズが大きいバージョンです。

これまでの2DSは折り畳めない仕様でしたが、Newニンテンドー2DS LLは折りたたむことが可能です。

また、スピーカーもステレオで、ZL/ZRボタンがついています。

f:id:bettergear:20170428174414p:plain

 

 

www.nintendo.co.jp

 

 

 

 

 

GTX 1060 vs. RX 580 比較。どちらが買い?

NVIDIA GeForce GTX 1060とAMD Radeon RX 580ではどっちが買い?

各項目別に勝者を判定。

 

 

グラフィックス性能

勝者:RX 580

 

多くのゲームにおいて、RX 580の方が5fps程度GTX 1060よりも高いパフォーマンスを得られます。

一部のゲームでは10fps以上のパフォーマンス差が出ることがあります。

また、ビデオメモリーが8GB搭載されているので、高解像度のテクスチャを使用するゲームでも対応可能です。

 

 

消費電力

勝者:GTX 1060

 

フルロードに近い状態での消費電力は、

GTX 1060が121W程度に対して、RX 580は200Wを超えてきます。

比較にならないほどRX580は電力食いです。

 

 

価格

勝者:GTX 1060

 

現状では、GTX 1060は2万円台中盤~後半で購入できますが、RX 580はまだ3万円を超えます。

ご祝儀価格が終わるまでは明らかにGTX 1060の方がお得感があります。

 

 

総合判定:GTX 1060 (6GB)

 

現段階では、価格面からGTX 1060の方をおすすめします。

しかし、もしRX 580が3万円以下で売られている場合には、性能やメモリ量で勝るRX 580を考慮するのも良いでしょう。

ちなみに4GBバージョンのRX 580は3万円以下で買えそうですが、4GBでは最新のハイエンドゲームはややメモリ不足に陥る可能性もあります。

 

 

GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GV-N1060WF2OC-3GD

GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GV-N1060WF2OC-3GD

 

 

MSI Radeon RX 580 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6329

MSI Radeon RX 580 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6329