おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

PS4やXbox OneにとってApple TVは全く脅威ではない理由


Apple TVの2015年モデルが発表されました。

アメリカのように、HuluやNetflixのような有料配信サービスが普及している国では魅力的な製品だと言えるでしょう。

32GBモデルが149ドル、64GBモデルが199ドルです。

f:id:bettergear:20150910101200j:plain


Appleは発表会で、「アプリ」を強調しました。ゲームも紹介しました。

しかし、このApple TVは家庭用ゲーム機にとってはまるで脅威になりません。

理由1.小さい本体=限られた性能

テレビでわざわざゲームをプレイしたくなるほどのゲームを動かすにはApple TVはいささかパワー不足です。

AppleはCPUやGPUがパワフルだというものの、2015年モデルはPS4やXbox Oneにはまるで及びません。したがって、ハイエンドグラフィックスのゲームを堪能することはできないし、そういったゲームも出てこないです。

テレビ番組を視聴するというのがなんだかんだでApple TVの第一の機能であり、ゲームはおまけです。

理由2.ソフトウェアラインナップ

Apple TVをゲーム機として扱うには、配信されるゲームのラインナップがかなり貧弱です。
スマートフォン向けのゲームをそのままApple TVに持ってきたとしても不十分です。

家庭用ゲームで人気のタイトルがApple TVに進出してくるとは思えません。


理由3.客層が違う

PS4やXbox Oneを購入する人が、Apple TVのゲーム性能を魅力的だとは思わないでしょう。

2万円前後という価格はゲーム機としては安いかもしれませんが、その分性能もかなり限定的です。そうなるとむしろ高いくらいになってきます。


テレビ番組を視聴するためにApple TVを買った人が、気分転換にゲームをApple TVでプレイする、くらいの感覚です。

Apple TVは、メディアストーミングデバイスとして評価するべきでしょう。