読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

PlayStation 4 Proが発表。新型PS4はPS4 Pro。11月10日発売

ゲーム

噂されていたPS4 Neoの正式名称は「PlayStation 4 Pro (プレイステーション4 プロ/PS4 Pro)」でした!

f:id:bettergear:20160908044711j:plain
f:id:bettergear:20160908044541j:plain


高性能バージョンのプレイステーション4

価格は4万4980円

発売日は11月10日

1TB HDD

4K解像度出力に対応(4Kテレビに対応)

HDRに対応(テレビがHDRに対応している必要あり)

GPUはGCN1.1、16nm FinFET? CUが36基で。(4.2TFLOPS)
CPUは動作クロックが2.1GHzに。
現行のPS4よりも倍以上のグラフィックス性能

モリーは現行版と同じ8GB GDDR5でバス帯域が増加。

USB 3.1 Gen.1ポートが3つ

Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応で、5.0GHzが利用可能に。旧型PS4よりも優れている。
Blootooth 4.0

最大消費電力は310W
※スリムPS4は165Wなので倍近い

Netflixが4K画質の映像コンテンツを配信。PS4用のYouTubeなども4Kコンテンツに対応

4K画質で出力されていない場合(4Kテレビに繋がっていない場合)、開発者はPS4 Proの余剰パワーを他の部分(フレームレートやグラフィックス品質)に使うように設定可能。

型番はCUH-7000

薄型PS4も発表。

現行モデルのスリムバージョン「PS4 スリム」も発表されました。

f:id:bettergear:20160907150959j:plain

価格は2万9980円

こちらは現行のPS4と同じ性能です

9月15日に発売

まとめると

現行PS4は薄型になって3万円に値下げ。9月15日発売。

4K対応の高性能版PS4は「PS4 Pro」で11月10日発売。税別で4万5千円。
全てのゲームが4K対応するわけではなく、対応しているゲームソフトはPS4 Proなら4K解像度でプレイできる。コールオブデューティの新作やHorizon Zero Dawn、スパイダーマン、For Honorなどが対応。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)