おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

PS4 Pro上で動作するゲームが全てネイティブ4Kで描画されるわけではない


アップスケーリングを駆使するなどして、ネイティブ4K並の画質にしているようです。

PS4の高性能版「PS4 Pro」は4K対応を謳っています。
しかし、プレスカンファレンスで公開された「Horizon」はネイティブ4Kではないようです。
表示されている解像度は4Kだけど、実際にレンダリングされているネイティブ解像度は4Kではないということです。



4Kは本来なら2160pですが、PS4 Proで動作していたHorizonはどうやら1800pでレンダリングされているものをアップスケールして4Kにしているようで、その際にレンダリングの技術を駆使して本来の4Kと見分けがつかないようにしているのだとか。

www.vg247.com


確かにPS4 Proに搭載されているRadeon GPUの4.2TFLOPSというグラフィックス性能は、ネイティブ4Kでレンダリングするには少し性能不足という感じです。

おそらく、今後PS4 Pro向けに登場する4K対応ソフトのほとんどはネイティブ4Kではなく、1440p~1800pあたりでレンダリングされたものをアップスケールして4K解像度にしている可能性が高いです。

しかし、アップスケーリングのテクニックを駆使することでネイティブ4Kとほとんど見分けがつかない品質にすることができそうです。

あまりグラフィックスにパワーを使っていないゲームならPS4 Proでもネイティブ4K@30fpsで動くかもしれませんが・・・

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)



真の4K。ネイティブ4Kで高品質なハイエンド3Dゲームを快適にプレイするには、GTX 1080が2枚くらい搭載されたような高価なゲーミングPCが必要になることでしょう。


まあ・・・このあたりは本当にマニアな人しか気にしないかもしれませんね。
4Kモニターに映した時に問題なく美しい映像になっているのなら、ほとんどの人はPS4 Proの恩恵は得られるわけです。

そういえば、PS3でHD時代に入った時も、HD解像度に届いていない640pくらいでレンダリングして720pにアップスケーリングしているゲームが結構ありました。

もしかしたら、Xbox Project Scorpioはネイティブ4Kを目指しているのかもしれませんね。まだ発売は先になりそうですが、本当にコンソールで4K画質を堪能したいならScorpioの方がいいかもしれませんが高そうですね。それと、Xboxが今後日本でまた普及できるのか疑問が・・・。

個人的には将来4Kゲーミングを担うのはPCのような気がしてなりません。

4Kモニターが5万円くらい、4Kテレビが10万円くらいで買えるようになってきているので、そろそろ本格的に4K時代が来そうですかね?