読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

失敗しない本当におすすめな無線LANルーター親機 2017


スマホが普及して無線LANを設置する家庭がほとんどになったかと思います。

しかし、無線LANの親機の購入で失敗を経験した方も多いかと思われます。それだけハズレの製品が市場に出回っており、なおかつシェアが高いというのが問題です。

本稿では、おすすめの無線LANルーターを紹介します。

おすすめ無線LAN親機

TP-LINK Archer C9

中国製の無線LAN「Archer C9」です。
アーチャーという製品名から察するに、電波を弓矢のように届けるというイメージなのでしょう。

中国製だと心配される方も多いかと思いますが、むしろバッファローやNECよりも優れていると評判の製品です。
アメリカのアマゾンではTP-LINK社の製品が売り上げ1位となっています。

C9はアマゾンで1万円という価格ながら、1300Mbps+600Mbpsの転送速度理論値、さらに接続中のデバイスの方向へ電波を飛ばすビームフォーミング技術、1GHzのデュアルコアCPU搭載、3年保証とかなりのものです。

電波強度やファームウェアの安定性なども抜群。IPv6にも対応してます。アンテナは取り外しも可能。LANポートも当然のように1Gbpsに対応です。
理論値だけでなく実効速度も非常に速いですので本当に良い製品です。設定も簡単。
YouTubeなどでレビューを投稿している方もいるので一度見てみてはいかがでしょうか?

価格サイトのランキング上位のものが良さそうだと思うのは当然ですが、この製品はそれらを遙かに上回るコストパフォーマンスを備えています。

www.tp-link.jp

かっこいいプロモーション映像もありますね・・・


TP-LINK Archer C55

5000円程度で良質な無線LAN親機がほしいならコレ!
デュアルバンド866+300Mbpsながら5000円以下。
スマホアプリからも親機を操作可能。
電波もそれなりに強いです。

他社製品の安い製品に比べると、嘘だろ?という速度が出ますよ。

www.tp-link.jp



TP-LINK Archer C20

ワンルームでとにかく安い無線LAN親機が欲しいという人向け。
わずか3000円程度ですが、なんと11ac対応。
安い分、電波強度は低いので、同じ部屋の中で使うくらいに考えておきましょう。

TP-LINK 無線LANルーター 11ac/n/a/b/g 433Mbps+300Mbps USBポート Archer C20

TP-LINK 無線LANルーター 11ac/n/a/b/g 433Mbps+300Mbps USBポート Archer C20


NEC Aterm WG2600HP2

どうしても国内メーカーのものが・・・という人はNECの最新モデルにしましょう。
かなりお高いですが、現状、安定していて尚且つ通信速度や電波強度に満足できそうなのはこれです。

Atermのハイエンドモデルで、1733Mbps+800Mbpsと高速です。実効スループットでも1428Mbps(UDP)。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2


無線LAN子機について

子機は、上記の製品を使うなら11acに対応したものを買いましょう。
USB接続のものでもいいですし、PCI接続のものでも良いです。スマホやノートPCなら内蔵のものを使えば良いでしょう。
どれがおすすめかと言われると難しいところです。

とりあえず、NETGEARのA6210-100JPSとArcher T4UHをおすすめしておきますが、Windows 10環境でドライバーの不具合が出るようで、解決は可能ですがドライバー更新作業がやや複雑なので、念のためご注意ください。

NETGEAR WiFi 無線LAN 子機 11ac/a/b/g/n 867+300Mbps 3年保証 A6210-100JPS

NETGEAR WiFi 無線LAN 子機 11ac/a/b/g/n 867+300Mbps 3年保証 A6210-100JPS


hardwares.hatenablog.jp