おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

「バイオハザード7」 海外メディアのレビューで高評価を獲得


1月26日に発売される「バイオハザード7」の海外メディアのレビューが公開されました。

概ね80点~85点あたりのスコアが多いですが、90点台のレビューも多く見られます。

f:id:bettergear:20160606154453j:plain


ホラーゲームの大作としては最高峰との評価がされています。

GamesRadar+は5点満点中4.5点の評価で、ゲームの雰囲気やキャラクター、恐怖、予想外の展開などが好評です。一方で、ボス戦が単調だと指摘されています。

GameSpotは、VRへの対応がトップクラスとしており、サバイバルホラーとして洗練されており、映像のディティールなども非常に良いとしています。
悪い点については、やはりボス戦の鬱陶しさと、謎解きの大部分は忘れ去られると指摘されています。

ホラーゲームに戻ったことで、バイオハザードは再び特別なものになった - GameSpot

www.metacritic.com



イギリスのGuardianは「マスタークラス」と評価して満点をつけました。

PlayStation Universeは85点で、マイナス要素としては終盤があまり良くないということや、ゲームモードが一つなので長く遊べるゲームではないとのことです。

Time誌は5点満点中で2.5点と低い点数で、バイオ7は新しい試みをしているが、過去作よりも好き嫌いがわかれるものになっているという点を指摘しています。

85点をつけたWCCFtechは、近年で最も怖いゲームとしつつも、体験版が出てから時間が経ちすぎたせいでその恐怖が薄れつつあるとも述べています。つまり、バイオ7の恐怖体験にプレイヤーが既に慣れてしまっているということです。

5や6のようなゾンビシューティングゲームよりも「ホラーゲームが好き」という人に向いているのが新しいバイオハザードのようです。

原点回帰しつつも一人称視点にして新しい要素を取り入れて、今までにないようなバイオハザードになっており、ホラーゲームの最高傑作と讃えているメディアもあります。
VRがあるとさらに楽しめることでしょう。