おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

PS4のソフトを削除してハードディスクの容量を空ける方法

PS4で「ダウンロードしたソフトでハードディスクがいっぱいになってしまった」という人がいるかもしれません。

 

しばらく遊ばないソフトは削除しても大丈夫です。

同じPSNアカウントでログインしている限り、一度ダウンロード版を購入したソフトはサイドダウンロードできます。

また、ディスク媒体のソフトも、再びディスクを入れればインストールされます。

 

セーブデータはソフトとは別に保存されているのでゲームソフトを削除してもセーブは消えません。

 

 

ゲームソフトのデータの削除方法は2通りあります。

 

1.ホーム画面で削除

PS4のホーム画面で削除したいソフトにカーソルをあわせた後、コントローラーのOPTIONSボタンを押します。

表示されるメニューの下の方にある「削除」を選択すれば、インストールしたゲームをPS4から削除できます。

 

 

2.ライブラリーから削除

PS4ホーム画面の一番右にある「ライブラリー」から全てのゲームソフトとアプリの一覧が見られます。

ここでもOPTIONSボタンを押すことでメニューが表示され、その中に「削除」の項目があります。

 

f:id:bettergear:20171110095852j:plain

 

 

 

3.ストレージ設定で削除

設定→ストレージ→本体ストレージ→アプリケーション

と進み、削除したいソフトにカーソルをあわせます。

そして、OPTIONSボタンを押すと、「削除」の項目が右側に出ます。

 

ストレージの設定画面ではゲームソフト以外にも、キャプチャした動画や、保存されているセーブデータの管理もできます。 

 

 

基本的にこの3通りの方法で削除可能です。

PS4のハードディスクがいっぱいになってきたら、遊ばないソフトは削除して容量をあけましょう。

 

PS4の全てのゲームは、例えディスク版でもハードディスクにインストールします。

1TBならある程度大丈夫ですが、500GBの人は遊ばなくなったゲームは削除しておくのをオススメします。セーブデータは消えません。

 

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)