おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

通常のPS4ではなく、PS4 Proを買ったほうがいい5つの理由


高性能版PS4PlayStation 4 Pro」が2016年11月10日に発売されました。

hardwares.hatenablog.jp
f:id:bettergear:20160908044743j:plain



なぜ通常のPS4ではなく、PS4 Proを買うべきなのか。その理由を紹介します。


理由1: PS4 Proは2倍近い性能向上&低消費電力

PS4 Pro」のCPUは通常モデル比で1.3倍の性能向上、GPUは2倍強の性能向上が図られています。

CU数は通常のPS4で18基に対して、Proには36基搭載されており、動作クロックも800MHzから911MHzに引き上げられています。
また、メモリバス帯域も従来の176GB/sから、218GB/sに拡大されています。

どうせ買うなら少し高くても性能が良いものを買ったほうが良いでしょう。
性能が高くて困ることなどないわけです。

性能の向上により、ソフト側がPS4 Proに対応していればゲームのグラフィックスやフレームレートの向上が可能になります。


製造プロセスが微細化されており、初期型PS4よりも多くの場面で消費電力が低いということが判明しています。特に4Kモードで高い負荷がかかったとしても、初期型PS4と10W程度の差しかありません。

高性能化が図られていますが、PS4 Proの消費電力を気にする必要は全くないわけです。
(もちろん、薄型PS4(CUH-2000)の方が消費電力は低いですが。)



理由2:PS4 Proは従来型PS4初期の価格とあまり差がない

PS4 Proは北米で399ドル、日本では4万5千円と、初期のPS4の価格とあまり変わりません。

初期版PS4の発売時価格・・・約4万2000円
PS4最初の値下げ・・・約3万8000円
PS4スリム・・・約3万2000円

PS4 Pro・・・約4万8500円

PS4 Pro中古品・・・4万円弱


性能は2倍近く向上し、HDDも1TBになり、4Kにも対応していることを考えると、現行モデル対比でかなり安い印象です。

PS4の新型スリムモデルは3万円ですので、PS4 Proは1万5千円高いわけですが、その差分の価値は価格相応にあると言えるでしょう。

これが5万、6万超える値段だったらさすがに躊躇われますが、5万円弱でPS4 Proは買えるわけですから、PS4を買うのであれば「Pro」を選んだほうが長い目で見たら賢い選択です。

さらに、PS4 Proの中古品は4万円以下で取引されており、圧倒的にお得です。



理由3: 4K解像度に対応。1080pテレビでも恩恵あり

PS4 Proに対応したゲームは4K解像度で表示されます。
4Kテレビを持っていれば、4K画質でPS4のゲームが楽しめるわけです。

4Kテレビを持っておらず、1080pのテレビやディスプレイにPS4 Proを接続した場合でも、フレームレートや画質、グラフィックス品質、解像度が通常のPS4よりも良くなります。これは開発者が設定することが可能となっているようです。

PS4 Proは常に通常版のPS4よりも映像面で優位性があるわけです。

既にいくつかのゲームでは通常版PS4の性能が足りていない

2016年12月に発売された「人喰いの大鷲トリコ」ですが、一部の場面だと通常PS4では20fps程度までフレームレートが低下してしまっています。

一方で、PS4 Proの1080pモードも場合は、30fpsで安定しています。

一部のゲームでは、PS4 Proの内部では4KでレンダリングしてフルHDにダウンサンプリングしているものもあり、フレームレートが変わらないものもあります。

"ゲームによる"のが現状ですが、これから(2017年以降)に発売されるタイトルは、PS4 Proで恩恵を受けられるものが多くなると予想されます。


フレームレートが安定するということはゲームの体験も安定し、動作が重いと感じることも少なくなりますので、明らかにPS4 Proの方が良いわけです。
PS4 Proの最大の恩恵は4Kよりもむしろこれかもしれません。



理由4:PlayStation VRにフル対応

VRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」が2016年10月に発売予定となっています。
価格は4万5千円程度で、他のVRヘッドセットと比べると安いです。つまり人気が出る可能性が高い。
PlayStation VR」を含めたVRゲームが今後増える可能性も高いです。

しかし、VRゲームは最低でも60fps、できれば90fps以上のフレームレートと高解像度を必要とするため、普通の3Dゲームよりも高い演算性能を必要とします。

ソニーもこれを理解しており、今のPS4ではVRゲームを十分な品質で動作させられないと判断していると思われます。

そうなると、今後PS4向けのVRゲームが発売された際に「PS4 Proのみ対応」となってしまう可能性があります。
こうなった時に後悔しないためにも、新型PS4が出るのをまちましょう。

f:id:bettergear:20160602105325j:plain

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版


理由5:細かい部分のマイナーアップデート

PS4 Proは細かな部分でもアップデートが行われています。

例えばHDMIは1.4aから2.0bに。
USBも3.0から3.1に。
Bluetoothも2.1から4.0に。
HDDも1TBに。
Wi-Fiもacが追加されています。
デュアルショック4も地味に新モデルになっています。マイナーチェンジ。

SATAインターフェイスがRev3.0になり、ストレージの転送速度の上限が6Gb/sになっています。
転送速度が上がれば、HDDをSSDに換装した際の恩恵が大きくなります。

さらにコントローラの有線接続にも対応するようになっており、PS4発売から3年間で得られたフィードバックや最新の技術を元に様々な点で改良が加えられています。

また、PS4 Proでは1080pで動画配信&録画も可能です。

f:id:bettergear:20160602113600j:plain


まとめ:1万5千円以上の価格差に躊躇わないならPS4 Proにすべし

通常PS4が3万円ちょっと、PS4 Proは4万8千円。
これだけみるとPS4 Proは高すぎるように思いますが、この価格差に目を瞑っても、将来的により安定したゲーム体験をしたいのであれば、PS4 Proにするべきでしょう。

ただし、フレームレートのわずかな低下や900p解像度、あるいは30fpsくらい我慢できる、むしろPS4 Proの値段の方が気になってしまうという人は、無理にPS4 Proを買う必要はないでしょう。

カジュアルゲーマー(ライトユーザー)の人にとっては、絶大と言えるほどの差は生まれないと予想されます。
一方で、コアゲーマーの人にとっては、30fpsあるいは60fpsで安定しているのと不安定なものや、4K対応かどうか、1080pでの配信・録画ができるかどうかなど、PS4PS4 Proでそれなりに大きな差を感じることでしょう。

しかし、既にいくつかのゲームで通常PS4及び旧型PS4の性能が足りていないことを考えれば、長い目で見てPS4 Proを買ったほうが後悔も少ないはずです。
特に、VRは解像度の差がかなり気になるはずなので、PS VRも買おうと思っているなら絶対にPS4 Proを選ぶべきです。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)


現行PS4ユーザーは?

既にPS4を持っているという人は、無理してPS4 Proを買う必要はありません。
高性能版が欲しいと思えば買うくらいの感覚で良いかと思われます。PS4 Pro専用ソフトは登場しません。

ただし、PS VRを買う予定の人や4Kテレビを持っている人・買う予定の人はPS4 Proが欲しくなります。

ソニー側、あるいは販売店がどういった戦略を取るのかにもよりますが、交換や下取りをしてくれる可能性は低そうです。

PS4 Pro」はメーカーにとっては出さなければならないもの、発売して当然の製品ですが、現行ユーザーにとってはやや不満の残る製品だと言えます。


PS4 Proのデメリットについて

PS4 Proを買わない理由。

PS4 ProはUHDブルーレイに非対応。

PS4 Proは4Kブルーレイには対応しません。
4Kの映像を見るには、ストアで4KビデオをダウンロードするかNetflixのようなサービスを利用する必要があります。

完全対応していないソフトもある

PS4 Proの恩恵を完全に受けるにはソフト側が対応している必要があり、全てのタイトルが対応しているわけではないのが現状です。

PS4のソフトは全てPS4 Proで遊ぶことができますが、完全に対応していないとPS4 Proの性能がいかせません。

PS4 Pro対応ゲームは「ネイティブ4K」ではない可能性

PS4 Proでは4K解像度でゲームが遊べますが、ネイティブ4Kではなくアップスケールされた4Kになる可能性が高いです。ただし、見た目にはネイティブ4Kと大差ないとか。

本当に4Kに対応しきれるだけの性能はない

PS4 Proの性能は、真に4Kゲームに対応できるだけの性能はありません。
特に、最新のハイクオリティな3Dゲームですと、まだまだ性能不足です。

HDD

SATAのリビジョンは3.0になるため、転送速度の上限は上がりますが、2.5インチのHDDは相変わらずです。
したがって、SSDを買って換装しない限りは、ゲームの読み込み速度は大して変わらないでしょう。


公式サイトのFAQ
www.jp.playstation.com