読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

今更聞けない。「4K(ヨンケー/フォーケー)」とは?


テレビはいよいよ「4K」時代です。
日本では「よんけー」と呼ばれていますが、これが具体的に何なのか説明できますか?

普通のハイビジョンテレビより高画質で・・・という感じでなんとなく知ってる人も多いでしょう。


4Kはこれだけ知っておけば大丈夫です。


4Kとは、画面の水平解像度が約4000ピクセルの映像を指します。

家庭用のテレビやモニターは3840×2160という解像度のものが4Kテレビや4Kモニターと呼ばれています。

Kはキロの接頭辞です。1キロメートル(km)=1000メートル(m)のように、1000を表す時にKを使いますね。


4K解像度の映像は、現在主流の1080p(フルHD)の約4倍の画素数を誇ります。

フルHDよりも情報量が4倍であり、4倍きめ細やかだと言うことができます。ちなみに、テレビ放送は1080pよりもさらに解像度の低い1080iです。

f:id:bettergear:20161003150127j:plain


映像が4Kに対応している必要アリ

4Kテレビを買ったとしても、映像がフルHDなら、出力される映像はフルHDを4Kに引き伸ばした(アップスケールした)ものです。

動画を4Kで撮影して4Kテレビに映せばそれは4Kの映像です。

一般的なブルーレイなどフルHDの映像を4Kテレビに映しても、それは4Kではありません。映像のソースが4Kであって初めて4K映像だと言えます。


映像ビットレートが低ければ4Kの価値が・・・

いくら4Kの解像度でも、映像の品質が低ければ汚い映像が映し出されます。
特に4Kになるとビットレートが跳ね上がります。

地デジの映像はだいたい10Mbps程度です。
ブルーレイのような限りなく無劣化に近いものでも25Mbpsとかその程度。

しかしこれが4Kになると50Mbpsを超えてきます。
YouTube4Kで30fpsの映像の推奨ビットレートは45Mbps以上だとしています。

H.264エンコードしてこれですから・・・。やはりH.265でエンコードしたいところです。将来、x265をデコードできる機器が増えると良いですね。

シャープ  AQUOS  4K 液晶テレビ 50V型 LC-50U30

シャープ AQUOS 4K 液晶テレビ 50V型 LC-50U30