おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

Windowsの起動エラー「0x00000e9」の原因

Windowsで「0x00000e9」というエラーが発生した時の原因や対処法。

 

基本的にブルースクリーンにエラーが表示されます。

 

0x00000e9は「予期しないi/oエラーが発生しました」という事を意味します。

 

i/oとはデータの入出力です。

つまり、Windowsを起動しようとしたけど必要なデータが送られてこないんだけど?と言ってる事になります。

 

大抵の場合、HDDやSSDが壊れた可能性があります。

0x00000e9が表示されるということは、HDDやSSDにアクセスすることは可能だったが、完全なデータのやり取りができなかった事になります。

 

HDDとマザーボードをつないでいるSATAケーブルに問題がある可能性もあります。

また、Windowsレジストリやシステムファイルが破損しているという可能性もあります。

ファイルの破損の場合は、Windowsのインストールディスクまたはインストールメディアを使って修復可能です。

 

 

原因の特定が難しいエラーです。

他のドライブにOSを入れて起動するのであれば、エラーが出るドライブに問題があるということになります。

他のドライブにOSを入れてもエラーが出るのなら、SATAポートあるいはSATAケーブルの問題である可能性が高いです。

 

可能な限り周辺機器を外す方が良いです。

内蔵ストレージもOSが入ったものだけ接続してチェックしましょう。

 

モリー(RAM)の問題も疑う必要があります。

 

 

 

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 500GB SATA3.0 / SDSSDH3-500G-G25

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 500GB SATA3.0 / SDSSDH3-500G-G25

  • 発売日: 2018/12/07
  • メディア: Personal Computers