おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

ソニー 2020年のE3への不参加を表明。その理由は?

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(SIE)は、2020年のE3に参加しないことを明らかにしました。

2019年に続いて2年連続となります。

 

 

www.gamesindustry.biz

 

ソニーは2020年に「PS5」を発売する予定です。

 

不参加の理由については「E3 2020のビジョンが今年焦点を当てるのに適切な場所であるとは感じていない」と説明しています。

 

不参加の思惑

ソニーがE3に参加しないことについてどういった思惑があるのかについて解説します。

 

まず、ソニーはコンシューマイベントを通じてPS5やPS4に関するプロモーションを行っていくとしています。

 

E3は本来業界関係者向けのイベントで、誰でも入場できるわけではありません。

近年はE3のカンファレンスも全て生配信され、情報のリークもかなり頻繁に行われます。

  

Twitter等のSNSとYouTubeが普及した今、わざわざE3に合わせて情報を発信する必要がありません。

大掛かりな発表にお金をかけても、実際それほど効果がないと考えているのでしょう。

E3で発表を行うと、他のメーカーの発表の話題もSNSを賑わせることになり、自社製品に全ての注目を集めるのは難しくなります。

 

1億本売れたグランド・セフト・オートVも、その発表はゲームショーではなく、ネット上で行われました。

 

 サードパーティメーカーも任意のタイミングで情報を発信できるので、E3に無理やり合わせ込む必要がなくなります。

 

PS5に関する発表イベントはおそらく2020年の春までには行われるでしょう。

しかし、ソニーが最重要視しているのは、いかにメディアとSNSを使って情報を発信するかであって、E3のようなイベントそのものではないと言えます。

フランスで任天堂が「2019年最悪の企業」として認定。Switchの壊れやすさが要因

フランスの60millionsという雑誌が、任天堂を「2019年最悪の企業」の一つとして認定しました。

 

www.jeuxvideo.com

 

同誌は過去にSwitchが壊れやすい製品だということも書いているのですが、「ドリフティング」と呼ばれるJoy-Conの問題と、任天堂の対応について問題視しているようです。

 

このJoy-Conの問題はかなり前から認知されていたものの、任天堂側はかなり長い間この問題を認めず、人によっては45ユーロ(5500円)の修理費を請求された等、不満が噴出しているようです。

 

最近でもポケモンソード・シールドのエラー問題でかなりゴタゴタしているわけですが、発売1ヶ月経過しても公式側で何も説明されず、その一方で問題が起きて修理に出さざるをえない人は増える一方という状況です。

 

日本企業特有の隠蔽体質というのが海外メディアによって指摘されていると考えることができます。

新型Xboxは「Xbox Series X」外観も明らかに

新型Xboxの名前は「Xbox Series X」

シリーズXということなので、おそらくスペックが違う複数の機種が出るのではないかと予想されます。

f:id:bettergear:20191215125610j:plain

 

見た目が完全にPC。

これだとテレビのラックに収納できない可能性ありますね。

 

Xboxは、HaloなどのファーストパーティのゲームはWindowsでもプレイできるようになっていますので、「PC化」が加速しているといった印象です。

  

処理性能は12テラflopsということで、Xbox One Xの倍あるようです。

SSD搭載で読み込み性能も向上。

 

オンライン対戦やクラウドゲーミングでラグを小さくする技術も用意しているようですね。

 

性能自体は申し分ないといった感じです。値段は不明。

 

The Game Awardsで発表されたわけですが、なぜそのタイミング?といった感じでインパクトがなかった。

マイクロソフトの方向性としては、ゲーミングPCより安いけどゲーミングPCより高性能なゲーミングPCを販売するという感じなのかもしれません。

いやそれだったらもうゲーミングPC買ったほうがいいんじゃないかと思ってしまいますが・・・。

 

続きを読む

ポケモン ソード&シールドのエラー問題。1週間黙り続けた任天堂

ポケットモンスター最新作「ソード・シールド」で、エラーが発生して強制終了するバグと、さらにエラー発生後にNintendo Switch本体に様々な影響が出るという問題。

中にはポケモンでエラーが出た後にオレンジスクリーンになって修理に出したら1万2000円請求されたという人がいたり、エラー後にSDカード内のデータが破損した、同じ場所で必ずエラーが出て先に進めないなど、深刻な問題となっています。

 

エラーは有名人にも発生しているため、決して低い確率で起こるとは言えません。

 

下記のような注意喚起の画像を作成するユーザーもいます。

 

ポケットモンスターソード・シールドが発売された11月15日からこの問題は報告されていましたが、任天堂及びポケモン公式は1週間これといってエラー問題には触れず、だんまりを続けています。

公式側でバグが再現できないから何も言わないのか、それともこれからのホリデーシーズンでポケモンの売り上げに影響するようなことを避けたいから公にしないのか。

 

いずれにせよ、1週間何も言わなかったというのは最悪だと言わざるをえません。

今後修正パッチを当てるにしても、既に被害者がいる以上、バグの存在を早めに認める必要があります。

 

公式が「エラーはない」と言い切るなら、実際にエラーが起きた人は何なのか。

 

Twitterではなぜか「デマだ」というユーザーが現れる始末。(その中で増えるエラー報告)

ポケットモンスターソード・シールドのAmazonのレビューが止められたり、Twitter上でエラー関連のキーワードがトレンド入りしないようになったりと、不自然なことも多数起こっています。

 

まさに任天堂の「闇」が露見した。

そんな今回のポケットモンスターソード・シールド エラー問題です。

 

無理やり発売させた可能性

ポケットモンスターソード・シールドは明らかにまだ開発期間が必要だったと思われる箇所が複数あります。

過去作に登場していたかなりの数のポケモンがソード・シールドには登場しなかったり、ポケモンのモーションやモデリングを過去作から流用されていたりするのを見ると、開発期間がかなり厳しかったのではないかと推測できます。

ポケモンのフラッグシップタイトルが発売延期したとなれば、株価への影響も否定できませんし、ブランドのイメージにもマイナスとなる。

そのため、何が何でも2019年11月15日に発売せよとのお達しがあったのではないでしょうか。

 

ポケットモンスター ソード -Switch

ポケットモンスター ソード -Switch

 

 

PayPayのボーナスライトが付与されるのはいつ?

PayPayのボーナスライトが付与されるタイミングはいつか。

 

答え:

注文日の翌週からさらに3週間後の木曜日

 

つまり、およそ4週間ほどで付与されると考えることができます。

 

 

 

なお、PayPayボーナスライトは付与されてから60日経つとなくなります。有効期限は約2ヶ月です。

 

 

PayPay超入門 商店経営者のためのスマホ決済

PayPay超入門 商店経営者のためのスマホ決済

 

 

RX 5700 XT vs RX 5700 vs RTX 2070 Super vs RTX 2060 Super ビデオカード性能比較

 

市場流通価格

RX 5700XT:5万円前後

RX 5700:4万円前後

RTX 2070 Super:6万円前後

RTX 2060 Super:5万円台前半

 

 

モンスターハンターワールド (フルHD)

RX 5700XT:99.0 fps

RX 5700:85.6 fps

RTX 2070 Super:104 fps

RTX 2060 Super:87.7 fps

 

 

SEKIRO (1440p)

RX 5700XT:106 fps

RX 5700:95.3 fps

RTX 2070 Super:109 fps

RTX 2060 Super:96.2 fps

 

 

エースコンバット7 (4K)

RX 5700XT:52 fps

RX 5700:44.9 fps

RTX 2070 Super:73.9 fps

RTX 2060 Super:62.5 fps

 

 

レッド・デッド・リデンプション2(最高設定・フルHD)

RX 5700XT:64 fps

RX 5700:61 fps

RTX 2070 Super:63 fps

RTX 2060 Super:53 fps

 

レッド・デッド・リデンプション2 (4K)

RX 5700XT:32 fps

RX 5700:29 fps

RTX 2070 Super:28 fps

RTX 2060 Super:25 fps

 

 

ゲーム時消費電力

RX 5700XT:219W

RX 5700:166W

RTX 2070 Super:211W

RTX 2060 Super:184W

 

性能

RTX 2070 SuperRX 5700XTRTX 2060 Super > RX 5700

 

 

総評

ゲームによってばらつきがあるものの、コストパフォーマンスではRX 5700が一歩リードしています。RX5700にはレイトレーシングがないので、レイトレーシングがあってなおかつ5万円に収めたいのならRTX 2060 Superが良い選択です。

 

RTX 2070 Superの方が明らかにRX 5700XTよりも高額ですが、RX 5700 XTは2070 Superに近いパフォーマンスを発揮することがあります。

とはいえ、やはりレイトレーシングにハードウェアで対応していることを重視するならNVIDIAのGPUです。

 

 

 

ASUS NVIDIA RTX 2060 SUPER 搭載 トリプルファンモデル 8G ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-GAMING
 

 

 

ASUS AMD RX 5700 XT 搭載 トリプルファンモデル 8G TUF 3-RX5700XT-O8G-GAMING

ASUS AMD RX 5700 XT 搭載 トリプルファンモデル 8G TUF 3-RX5700XT-O8G-GAMING

 

 

 

MSI GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC グラフィックスボード VD7017

MSI GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC グラフィックスボード VD7017

 

 

 

 

PS Plus 11月のフリープレイがなんと「仁王」

PlayStation Plus会員向けのフリープレイタイトル、2019年11月は「仁王」になることが決まりました。

仁王はかなり高い評価を受けたゲームですので、絶対にダウンロードしておきましょう

 

www.jp.playstation.com

 

 

ちなみに仁王2のベータテストが11月にあるそうです。

 

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]

 

 

アンドロイド(Android)のスマートフォンがiPhoneより優れている点

f:id:bettergear:20191019110209p:plain

 

 

1. カスマイズ性

AndroidのOSはiOSよりも遥かにカスタマイズ性に優れています。

iOSだとジェイルブレイクをしないと変更できない点が、Androidだと普通に変更できたりします。

また、iPhoneだとデフォルトのブラウザはSafariで固定されて変更できないですが、Androidはデフォルトのブラウザを変更できます。

また、Androidはホーム画面のランチャーソフトそのものを変えることすらできます。

 

さらに一歩踏み込んだところではオーバークロックとかアンダークロックとかまでできてしまいます。

 

スマートフォンを自分好みに変えるという点でAndroidは優れています

 

 

2.ソフトウェア(アプリ)導入の自由度

 

iOSはApp Storeでダウンロードしたアプリしか使えません。

しかし、AndroidはGoogle Playだけでなく、サードパーティのアプリストアからダウンロードすることもできます。

さらに、apkファイルを直接入手してインストールもできます。

 

 

知識あえあれば導入できないアプリはないと言えるほどAndroidは自由です。

iOSの場合、App Storeでリリースされていなければそのアプリは使えません。

 

 

3. Windows PCとの親和性

AndroidをWindowsのPCに接続すると、ストレージとしてしっかり認識されます。

iOSの場合「カメラ」として認識されます。

 

AndroidはWindows PCからファイルのやり取りをしたりすることが非常に簡単です。

しかしiOSの場合、「iTunes」経由でしかファイルの移動ができません。面倒です。

 

Macを使っているならともかく、世の中の多くのPCはWindowsです。

PCとスマートフォンを接続して何かしたいという時に、androidの方が圧倒的にシンプルです。

 

 

4. スマートフォン本体のバラエティ

iOSはアップルが作ったスマートフォンにしか対応しません。

ある意味そこがiPhoneの強みなのですが、「この機能要らない」とか「この機能があったらいいのに」というのを我慢しなければいけません。

 

Androidの場合、自分の好みにあったスマートフォンを買えば良いだけです。

Androidにはソニーやシャープといった国内メーカーから、サムスンのような韓国メーカー、FoxconnやASUSといった台湾メーカー、HuaweiやOppoのような中国メーカーなど、様々なスマートフォンがあります。

 

さらに、高性能だけど安い、コストパフォーマンスに優れた機種も存在しています。

iPhoneのブランドにこだわらないのなら、ラインナップでは圧倒的にAndroidが有利です。

 

 

5.価格の幅

Androidの場合、型落ちの安いiPhoneと同じくらいの価格で、最新機種が買えたりします。

また、超高性能で高額な機種もAndroidにはあります。

 

 

中国メーカーのスマートフォンだと、iPhoneの半分くらいの価格でかなり良いものがあったりします。

最近では競争が激しくなっており、安くても品質の良いものが多いです。

 

Androidは価格の幅が広く、買い手を選ばない良さがあります。

 

HUAWEI P30 Lite ピーコックブルー 【日本正規代理店品】 P30 LITE/BLUE/A

HUAWEI P30 Lite ピーコックブルー 【日本正規代理店品】 P30 LITE/BLUE/A

 

   

ASUS Zenfone Max Pro M2 コズミックチタニウム 【日本正規代理店品】 ZB631KL-TI64S4/A

ASUS Zenfone Max Pro M2 コズミックチタニウム 【日本正規代理店品】 ZB631KL-TI64S4/A

 

 

 

6. USBケーブル

iPhoneはなぜか「ライトニング」という独自規格にこだわっています。

Androidはほぼ全てUSBです。最近のはUSB Type-Cです。

つまり、スマートフォンとニンテンドースイッチを同じケーブルで充電できます。

ちなみにPS5のコントローラーもType-Cを採用するようです。

 

iPhoneよ、なぜライトニングなんだ。

 

 

 

7. OLED

なぜかiPhoneは上位機種しか有機ELディスプレイを採用していません。

 

一方、Androidは安い機種でも有機ELディスプレイを採用しています。

 

iPhone 11ですらTFT液晶です。

iPhone 11よりずっと安いPixel 3aは有機ELです。

中国のOppo Reno Aなんかも4万円以下なのに有機ELです。

 

 

 

AndroidのスマートフォンはiPhoneより良いのか?

答えは「ノー」です。

iPhoneは万人向けにデザインされており、機種が少ない分、OSの最適化がされています。

また、アップルのサポートも充実していますし、ハードウェアのセキュリティも盤石です。

中国メーカーのスマートフォンによくある噂で、ユーザーのデータを中国に流しているなんてのもありますが、アップルはアメリカの企業です

 

しかし、iPhoneがAndroidのスマートフォンより優れているか?という問いに対しても「ノー」と言えます。

 

完璧なスマートフォン、完璧なOSは存在しません。

しかし、日本で暮らしている人が、これといった不自由なくスマートフォンを使いたいのであれば、iPhoneは選択肢としてはかなり優れています。

 

発展途上国や後進国、新興国では圧倒的にアンドロイドユーザーが多いですが、それはコストパフォーマンスに優れたスマートフォンが多いからです。