読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

PlayStation VR 4万4980円 10月発売

ゲーム VR

SCEは、VRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」を2016年10月に発売すると発表しました。

価格は399ドル、44,980円です。

f:id:bettergear:20160316064142j:plain

PS4に接続する必要があります。


www.jp.playstation.com


Oculus Riftが日本だと8~9万円、HTC Viveが10万円ということを考えると、半額程度ということになります。

アナリストの予測では、2016年に300~400万台が販売される見込みだそうです。


性能面ではOculus Riftの方が上ですが、価格を考えるとPlayStation VRはハイエンドというよりは大衆ゲーマー向けのVRHMDだと言えるでしょう。

スマートフォンを装着するモバイルVRヘッドセットはもっと安い価格で販売されていますが、性能面でゲーミングVRヘッドセットほど良い体験ができるとは言い難いところです。


ゲーミングVRヘッドマウントディスプレイの現時点の課題としては、ヘッドセットに加えて、ハイスペックなハードウェアが必要ということが挙げられます。

例えばPCでRiftやViveを利用する場合は、本体だけで15万円程度のハイスペックPCが推奨されます。
これは、高解像度かつ高フレームレートの映像をレンダリングしなければならないためです。

そう考えると、PS4でどこまでVR映像を表現できるのかという疑問が出てきます。
PS VRはどちらかと言えばカジュアルなものになるのではと予想しています。

実際は6万円程度

PlayStation VRの体験を完全に実現するには、プレイヤーの位置を特定するためのカメラとPlayStation Moveコントローラーが必要となります。

PlayStation VR、PlayStation Camera、PlayStation Move x2

全てあわせると6万円弱となってしまいます。
PS4もあわせると9万円オーバー。

それでもRift単体価格よりも安いですが・・・。


Oculus RiftPlayStation VR どっちが買い?

Oculus RiftPlayStation VRで迷うのは、PCとゲーム機で迷っているようなものです
Riftは汎用性が高い代わりに値段が高く、必要となる環境もハードルが高めです。
PS VRは安い代わりに性能面では若干劣り、汎用性はRiftには劣ります。

ハイスペックPCを買うことを厭わず、Oculus Riftが7万円程度になるのであればRiftを選ぶべきです。
PS4を持っており、本体だけで15万円のPCを買うのはちょっと・・・というのであればPlayStation VRがおすすめです。