おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

2018年ここまで最も評価の高いゲーム トップ10

2018年に発売されたタイトルで、Metasocreが最も高いゲーム10本です。

メタスコアとは、海外メディアのレビューの平均点です。

 

※過去タイトルの単純移植は除く

 

1. GOD OF WAR

 メタスコア:94

 

 

2. Celeste

f:id:bettergear:20180715042147j:plain

メタスコア:88~94

 

 

3. ワンダと巨像(リメイク)

 メタスコア:91

 

 

4. モンスターハンターワールド

メタスコア:90 

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

 

 

 

5.Hollow Knight

f:id:bettergear:20180715042336j:plain

メタスコア:89

 

 

6. ソニックマニアプラス

 メタスコア:89

 

7. Into the Breach

f:id:bettergear:20180715042427p:plain

メタスコア:89

 

 

8. Pillars of Eternity II: Deadfire

f:id:bettergear:20180715042521j:plain

メタスコア:88

 

 

9. シャンティ: ハーフ・ジーニー ヒーロー

 メタスコア:88

 

 

10. ストリートファイターV: アーケードエディション

メタスコア:87

 

 

 

10. ドラゴンボールファイターズ

 メタスコア:87

 

 

  

昨年と比較すると突き抜けて評価が高いゲームはゴッド・オブ・ウォーとCelesteくらいに留まっています。

ゴッド・オブ・ウォーはゲームスタート画面から一切ローディングがなく、ムービーを使わずにゲームプレイからそのままカットシーンを演出しているなど、技術的に最先端をいっている点が高く評価されています。

 

モンスターハンターワールドは評価も90点台で出荷も800万本という事で両面で上手くいっています。

 

18年後半にはレッド・デッド・リデンプション2や、大乱闘スマッシュブラザーズFallout 76、Shadow of the Tomb Raiderなど、高得点が期待できそうなタイトルが控えています。

 

ニンテンドースイッチ本体 徐々に値段が下がり始めてきた理由とは

 

ニンテンドースイッチ本体の中古価格がかなり安くなってきています。

だいたい2万6000円以下、安いと2万3000円くらいでありますね。

 

1年前は4万円とかふざけた中古価格でしたが・・・。

 

中古価格が安くなった理由は供給が追いついた事に加えて、転売屋の存在があります。

転売屋はニンテンドースイッチを買い占めて、高値で売るという事を長いこと続けてきました。

しかしあるポイントで利ざやが取れなくなり、転売すると損するようになったわけです。

 

そして中古価格が新品価格を割り込むあたりで一気に買い取り店で売ったと思われます。

本当に多くの転売屋がいましたから、供給が追いついた時点でほんの少し供給過多になったわけですね。

 

今の所、新品より5000円くらい安く買えますので、気にしない人は中古でもいいかもしれないですね。

ポケモンの新作が出る時にはなんかまた品薄になったりしそうなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフイズストレンジ2が2018年9月27日に海外発売決定!

ライフイズストレンジ2が今年の9月に海外で発売になるようです。 

エピソード制になっており1章~5章まであるようで、まずエピソード1が9月に発売になるようですね。

 

おそらく日本の場合全部出てからまとめて売りそうなので、結構時間かかるかもしれません・・・。

 

youtu.be