おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

任天堂 NXこと新ゲーム機「Switch」を発表。Tegraカスタムチップ搭載


ニンテンドーNXと呼ばれていた任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)が発表されました。
2017年3月に発売予定です。

一言で言えば、携帯ゲーム機にも家庭用ゲーム機にもなるハイブリッドなハードウェアです。

f:id:bettergear:20161020234612j:plain


公式サイトオープン。

www.nintendo.co.jp


コントローラーのボタンやスティックの部分が取り外し可能で、スクリーンに装着すれば携帯ゲーム機になります。
ソフトはカードタイプの物理媒体からインストールすると思われます。

一見奇抜ですが、ゲームハードとしては意外と普通だったりします。
それはむしろ良いことでしょう。
WiiWii Uの路線ではなく、"普通に"ゲームが遊べるゲームハードを作ってきた印象です。
コントローラーのボタン構成も、プレイステーションXboxなどと同様に一般的なものになっています。

価格的にもWii U程度だと予想されます。

任天堂のゲームを遊びたい人には魅力的なハードウェアになりそうです。
また、サードパーティもゲームを出しやすいはずです。既にドラゴンクエスト11はSwitch向けにも発売されることが決まっています。

携帯ゲームはスマホ
家庭用ゲームはニンテンドースイッチに

任天堂はこういった戦略を取っていくのではないでしょうか。


NVIDIA Tegraのカスタムチップ搭載。まさかのPascal

SwitchはNVIDIATegraプロセッサを搭載しているようです。つまり、ARMアーキテクチャが採用されていることになります。
持ち運び可能なサイズでもWii Uよりも高いグラフィックス処理性能を持つと思われます。

どうやらPascalアーキテクチャを採用しており、本体(?)とドックにそれぞれチップを搭載しているようです。

また、NVIDIAは新たなAPIも開発したようです。
blogs.nvidia.co.jp


NVIDIA ShieldがPCゲームをモバイル端末でプレイしたりということをやってましたので、NVIDIAの協力というのは伝わってきます。


画面解像度は720pだと予想されるので、ほとんどゲームは最新のものでも快適にプレイできるでしょう。
ただし、アサシンクリードトゥームレイダーなど、一部のゲームはテレビでプレイした時にどの程度のフレームレートが出るのか気になるところです。

720p/30fpsがNintendo Switchのターゲットパフォーマンスではないでしょうか?
テレビの時は1080p/30fps?ゲームによっては60fps出るというより出すんでしょうけど。
具体的なマシンスペックが知りたいところです。


第一印象だけでもかなりオススメできる

Wii UやPS Vitaが「こうあるべきだった」というのがSwitchの第一印象です。

NVIDIAの協力もありますし、何よりコンソールゲームにポータビリティが加わっているのが魅力的です。

サードパーティのソフトも一応期待できますが、CPUがモバイルプロセッサのTegraなので過度な期待は禁物です。

任天堂の家庭用ゲームを遊びたい人はまず「買い」でしょう。悪い部分がほとんどないハードウェアです。

これまで任天堂にはハードウェア開発の技術が少し足りませんでした。そこをNVIDIAが補った。

家庭用ゲーム機がPCに、携帯ゲーム機がスマートフォンに移っていっているこのタイミングで任天堂が送り出すのは「スマホでは遊べないクオリティとソフトウェアラインナップがあり、なおかつ持ち運び可能なゲーム機」という会心の製品です。