読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめハードソフト情報

おすすめのハードウェアやソフトウェアの紹介・ニュース

PS4ソフトのシェア機能で配信できないゲームを配信する方法


PS4のシェア機能で配信をしようとしたら、青い画面が出て配信できない・・・。そんなことはありませんか?

PS4の一部のゲームは配信機能が使えません!!

配信禁止区間が設けられているゲームもありますが、ほぼ全編にわたって配信できないゲームもあります。

龍が如くスーパーロボット大戦などがこれにあたります。ぶっちゃけ日本のゲームに多いです。

これらのゲームは、権利的にクリアできないということです。
ジャスラックとか・・・JASRACとか・・・。
あとは、現実の企業がゲーム内に登場したりとか。

契約では「ゲーム内で使用」となっているのを「配信で使用」に変えなければならなくなったり、それで契約料が増えたりとか。「諸事情」があるわけです。


しかし、諦めることなかれ。

キャプチャボードを使えばPCから配信可能

PCに接続できる「キャプチャボード」というものがあります。

HDMIケーブルでキャプチャボードにPS4を接続すれば、映像をPCに送ることができます。
この方法だと、全てのPS4ゲームを配信できます。

その映像を配信ソフト経由でニコニコ生放送YouTube、Twitchに配信すれば良いだけです。

Wii UPS3のゲームを配信している人はこのキャプチャボードを利用しています。


ノートPCを使っている人は、USB接続のキャプチャボードを使ってください。

PCI接続型

自作タワーPCやデスクトップPCに内蔵する形のキャプチャボードです。


キャプチャボードを使った配信方法

PCでゲーム映像配信をしたことがある人なら簡単かと思いますが、初めての人には少し複雑かもしれません。

配信ソフトも必要になります。「Niconico Live Encoder」や「OBS」「XSplit」などが代表的です。

パソコンの性能もそこそこ必要になりますのでそこも気をつけておきましょう。

下記のサイトに配信方法が詳しく書かれているので初心者は一読すると良いでしょう。
www18.atwiki.jp

公式が許可していないものはグレーゾーンであることに注意

開発会社や販売元が「配信してOK」と明言していない限り、無断のゲーム配信は著作権侵害に当たります。

多くのメーカーは「黙認」していますが、ノベルゲームなど、ネタバレしてほしくないようなゲームの場合は制裁が下ることもありえます。

グレーゾーンの可能性があることを留意しておきましょう。